ホーム > 院長コラム

疲労について

足が疲れる、いつもだるいなど、筋疲労の本当の原因は、神経が絶えず興奮している事にあります。

無意識に力が入り、力を抜いてリラックスが出来ない状態にある為、筋肉が休めない状態にあります。

脊髄神経を調節して神経の興奮を抑え、筋肉を休ませてあげる必要があります。

背骨の矯正

背骨の矯正をすると、その反応が出ます。

脊椎(背骨の列)は腰から変わってきますが、胸椎、頸椎とその上位にある椎骨は腰椎の変化に伴い今までとは違った形に変化しますので、痛みを出す事があります。通常では腰が良くなったが、首が痛くなったということはよくある事です。治る為の反応、或いは、治って行っている証拠だと考えていただいて良いと思います。

神経痛について

神経痛は、とても強く激しく痛むものもあり、痺れや、だるさ、などとても辛いものです。症状のあるところへ注意が行きがちですが、多くは症状のあるところには問題は無く、それより中枢(より脳に近い方)に問題があります。

神経痛の原因は、症状より中枢で神経を締め付けている問題が存在する訳で、それを取り除く必要があります。ですから、症状のある所を一生懸命もんでも何の解決にもなりません。

まずは神経を締め付けている原因を見つけることが非常に重要になります。多くの方は整形外科で検査をしてヘルニアとか狭窄症だとか言われますが、以外とそうでも無いことが多く見られます。筋肉間の神経の通り道の狭窄、筋膜障害により神経を引っ張ってる状態、或いは椎骨による神経根の圧迫、その他多くの原因が考えられます。

また、症状が出てからの経過時間によって症状の回復までの時間も違ってきます。症状が出てからすぐであれば、治療中に症状が消えて行くことも多く見られますが、長い期間我慢してしまったものは、神経そのものが締め付けにより栄養が行かず萎縮して行ってしまいますので、まず原因を取り除き、神経に栄養が行く状態を作って、回復を待ってあげる必要があります。その回復までの期間は、我慢していた期間に比例して長期になることもあります。少しでも回復を早くさせるには、できるだけ水(水分ではなく水)、水そのものを取る様にして下さい。
ですから、なるべく我慢せず、早くに適切な治療をすることをお勧めします。

自然治癒力

人間の体は何時でも常に治ろうとしています。しかし、自ら治れない状態に陥ってしまうと自分ではどうすることも出来なくなって停滞してしまいます。私の仕事は治れる方へ仕向けてやる事です。そうすると体は勝手に治ってしまうのです。オステオパシーの創始者、アンドリュー・テイラー・スティルはこう言っています。「原因を見つけ治し、放って置く。」と。ひょっとしたら症状に全然関係の無い所かもしれません。とにかく、症状がどこから来るのかが重要になります。また、先に述べたように体は治ろうとしています。患者さん自身も自分で治すという意識を持って前向きな心持が大変重要になります。

自然治癒のは水が不可欠
まず、自ら治る状態にするには、体内の水分量が重要な鍵になります。現代の人々の水分量は基本的に足りていない傾向にあります。特に最近では水道の水を飲むことが殆ど無くなり、水の代わりにお茶やコーラ、その他、カフェイン飲料の摂取が体内水分を排出させる傾向が強く、知らず知らずに脱水状態になっている事が多いようです。水不足が引き起こす問題に気が付かず病気に発展することがあります。例えば、神経痛、関節炎、うつ、などは、その典型です。
院長コラム [ 2004/9/29(Wed) ]
日頃思うことや皆さんに知ってもらいたいこと、ケガとの付き合い方など、
さまざまな視点でコメントを書かせていただきます。

ページ上部へ