ホーム > 交通事故

交通事故に遭ってしまったら?

交通事故に遭ってしまったら、誰でもパニックになってしまいがちですが、落ち着いて対処しましょう。

まず、

1、警察に電話。

2、相手の名前、住所、電話番号、保険会社名、担当者、連絡先など、できるだけ詳しく聞きましょう。

3、その場で痛くなくても、後から痛みが出てくることはよくあることです。

4、保険会社から、まず最初に医師の診察、レントゲン検査をすすめられますので、一度検査を受けることをお勧めします。

5、保険会社の担当者に当院の電話番号を伝える。

6、後日、保険会社の担当者から当院へ連絡があります。

7、その後の治療費等の手続きなどは、当院と保険会社担当者と直接進めていきますので、安心して治療に専念してください。

交通事故による怪我は、通常の怪我とは違い、非常に後遺症の残る確率が高く、普通の怪我に対する治療では完治できない、難しい外傷です。
精神的な問題を残したり、不定愁訴という、全身の倦怠感、無気力感など、さまざまな状態を残します。
表面上、怪我には変わりありませんから、捻挫や打撲、挫傷といった症状を呈するわけですが、これに対し、湿布、包帯固定、テーピング、ムチ打ち用カラー、など保存療法、また、電療、温熱、アイシングなど理学療法、マッサージ、整体など手技療法を施しても、治癒を長引かせるだけで、結局、後遺症が残り症状固定といったケースが多く見られます。

交通事故には、交通事故用の治療があります。衝撃による組織の破壊、組織に残るトラウマ、衝撃による全身の非統合性、体液循環の滞り、神経生理システムの崩壊など、焦点を当てなくてはならない要素があります。

必ず適切な治療を受けるようお勧めいたします。

ページ上部へ